• 「どこに相談していいかわからない」
  • 「相手や相手方の保険会社との交渉・調整がうまくいかなかった…」
  • 「保険会社から治療費を今後支払わないと言われた…」
  • 「保険会社の提示する慰謝料・示談金が適切かどうかわからない」
  • 「保険会社から提示された慰謝料の金額が納得いかない…」

首都東京法律事務所にご相談いただければ、あなたの悩みを解決いたします!首都東京法律事務所にご相談いただければ、あなたの悩みを解決いたします!

高度な交渉力と多くの実績から、和解金・示談金などの増額が可能

当事務所では、ご相談者様のご意向を確認させていただきながら、和解金・示談金を最大化できるよう、加害者・保険会社などと交渉いたします。

複雑な交通事故についても、多くの経験があり、加害者・保険会社などとの交渉力については圧倒的な自身と実績があります。

和解金・示談金の増額についても多くの実績がございますので、保険会社から提示された和解金額・示談金額についてご心配なことがありましたら、まずは一度、無料相談をご利用ください。

専門家に寄る交渉窓口の一本化で余計なストレスから解放されます

ご相談者様から頂くご要望で特に多いのが、交渉窓口の一本化です。

実際に、交通事故の被害にあった際に、相手方の保険会社からご自宅や携帯電話等にたびたび連絡がくることは、思った以上に煩わしいものです。

また、金銭面について、保険会社からご相談者様宛に直接告知があったり、書類が送られてきたりすると、ご相談者様の大きなストレスとなりかねません。

当事務所ではご相談者様に代わり、保険会社などとの交渉・調整を弁護士が一本化して代行することで、ご相談者様に煩わしい思いをさせません。

5年で200件以上の解決実績!首都東京法律事務所の解決例5年で200件以上の解決実績!首都東京法律事務所の解決例

弁護士介入により賠償額が大幅に増額したケース弁護士介入により賠償額が大幅に増額したケース

事例

 Aさんは、原付きバイクを運転していたところ、居眠り運転をして対向車線からはみ出した自動車と接触し、大腿骨骨折の大怪我を負いました。

 治療を終え、後遺障害8級7号が認定されました。ところが、相手方保険会社が提示してきたのは驚くほど低い和解金額でした。

和解の経緯

 弁護士が介入して交渉を続けた結果、当初保険会社が自賠責で補填される819万円しか提示してこなかった後遺障害の賠償額が、2600万円に増額されました

 これにより、保険会社が提示してきた賠償額は、当初の合計訳1000万円から3800万円までおよそ4倍に増額され、和解に至ることができました。

介入前 介入後
損害慰謝料 70万円 105万円
休業損害 116万円 116万円
逸失利益 495万円 2794万円
後遺障害慰謝料 324万円 747万円
約4倍増額!
弁護士の異議申立てにより後遺障害が認定されたケース弁護士の意義申立てにより後遺障害が認定されたケース

事例

 Bさんは自転車を運転中、駐車場から出てきたタクシーと接触し、全身打撲、頸椎捻挫、腰椎捻挫等の怪我を負いました。

 Bさんは、相手方保険会社による事前認定(相手方保険会社主導による後遺障害認定手続)を利用し、首の痛みで後遺障害の申請をしましたが、結果は非該当となりました。

和解の経緯

 この結果に納得できなかったBさんは弁護士に依頼し、痛みが残る首について、後遺障害の異議申し立てをすることにしました。弁護士が主治医より医証の取り付けを行い、さらに実施されていたにもかかわらず記載されなかった神経学テストの結果等を明確に記載してもらい、被害者請求(相手方保険会社を通さずに自ら行う手続)による異議申し立ての手続きを行いました。

 その結果、新たに提出した証拠が評価され、後遺障害14級9号が認定されました。

 後遺障害が認定されたことで賠償額は大幅な増額となり、Bさんも痛みは残るものの、以前より心の苦しみが和らいだようでした。

介入前 介入後
傷害慰謝料 53万円 71万2000円
逸失利益 0円 86万6000円
後遺障害慰謝料 0円 88万円
約4倍増額!
弁護士介入により休業損害が認められたケース弁護士介入により休業損害が認められたケース

事例

 Cさんは、自動車を運転し、赤信号で停止中、後方の自動車に追突され、頸椎捻挫の傷害を負いました。

 Cさんは、専業主婦として夫を、家族を支えてきましたが、事故により約3か月間、家事ができなくなり、家族に大きな負担をかけてしまいました。

 ところが、相手方保険会社からは休業損害を認めてくれず、少額の慰謝料の提示があったのみでした。

和解の経緯

 弁護士による主治医からの証拠収集等により、事故後は家事業務を行うことが困難であるとの立証を行いました。

 その結果、休業損害が認められ、慰謝料についても当初より大幅な増額にて和解をすることができました。

介入前 介入後
傷害慰謝料 66万9500円 92万7000円
休業損害 0円 66万8920円
約4倍増額!
一度示談書に捺印すると、慰謝料や賠償額といった示談内容を変更・撤回することは基本的にできません。少しでも不安やお悩みがありましたら、お早めにご相談ください。

一度示談書に捺印すると、慰謝料や賠償額といった示談内容を変更・撤回することは基本的にできません。少しでも不安やお悩みがありましたら、お早めにご相談ください。

交通事故に関することをお気軽にご相談ください

交通事故に関する事をお気軽にご相談ください

首都東京法律事務所が選ばれる3つの理由首都東京法律事務所が選ばれる3つの理由

5年間で200件の解決実績!

おかげさまでご相談だけではなく、実際に多くの交通事故被害の解決実績があり、ご相談頂きました方から満足とご信頼を頂いております。

また、多くの経験を積むことで、複雑で難解な交渉や事例を解決するだけのノウハウを有しております。

特殊な交通事故被害についても、ご相談者様にとって有利な和解に導く実績と解決力がございます。

わかりやすい料金体系

ご相談については、初回無料で、ご契約時に先払いが発生することもありません。

また、多くのご相談者様が心配されているご依頼費用についても、一律な料金体系として、ご依頼者様からわかりやすい料金としてご理解を頂いております。

ご家族様からのご相談でも対応可

交通事故被害の場合、ご本人様からのご相談・ご依頼もありますが、その一方で、ご本人様のことを心配したご家族様から、ご本人様に代わってご相談・ご依頼いただくことも多くございます。

当事務所では、ご家族様からのご相談・ご依頼についても丁寧に対応させていただいておりますので、安心してご相談頂ければとと思います。

ご相談・ご依頼費用についてご相談・ご依頼費用について

当事務所では、ご相談者様が安心してご相談・ご依頼を頂けるように、費用について「2つのお約束」をしております。

お約束その1
+
お約束その2

弁護士費用特約のご利用で、弁護士費用が0円になる可能性がございます弁護士費用特約のご利用で、弁護士費用が0円になる可能性があります。

弁護士費用特約は、交通事故の示談交渉を弁護士に依頼した際に要した弁護士報酬等を一定額(上限300万円が一般的)まで保険会社が負担してくれる特約です。

自動車保険によっては、同特約がデフォルト契約で附帯していることが少なくありません。

まずは一度、ご加入されている自動車保険の補償内容を確認してみてください(当事務所でもご相談頂ければお調べすることは可能です)。

同特約があれば、保険ご加入様ご本人だけでなく、同居しているご家族や非同居のお子様が交通事故被害に遭われた際の示談交渉に要した弁護士費用まで、幅広くカバーされることがあります。

また、自動車搭乗中の事故だけではなく、自転車搭乗中や歩行中に交通事故被害に遭われた場合でも保障対象となります。

なお、弁護士費用特約を使用しても保険の等級は落ちません。

被害者の方と共に戦います 一人で苦しまないために。被害者の方と共に戦います 一人で苦しまないために

弁護士岩崎孝太郎

私自身が事故に遭い痛みで苦しんでいた時、
保険会社から
「むち打ちは3カ月で治ります。いつまで治療を続けるのですか。」
と言われ、交通事故賠償における被害者の過酷な現状を体感することとなりました。

泣き寝入りしてはいけません。
あなたには適切な治療を受けて、
適正な賠償を受ける権利があります。
弁護士はその権利を実現できます。
そのために、私はあなたと共に戦います。

プロフィールプロフィール

  • 弁護士岩崎 孝太郎
  • 東京弁護士会所属、登録番号41154
1981年生まれ
2006年 東京大学教育学部卒業
2008年 首都大学東京法科大学院卒業
2009年 弁護士登録(都内法律事務所勤務)
2014年 独立し、首都東京法律事務所に所属

ご相談の流れ

フォームでのお問い合わせ

フォームでのお問い合わせ

まずは、フォームよりご相談ください。
事故状況やご相談内容などをお伺いし、詳細なご相談日時を決定させていただきます。
また、当事務所ではご家族様からのご相談についても対応可能です。まずはお気軽にご相談ください。

ご相談・ご提案

ご相談・ご提案

当事務所にて直接お会いし、ご相談者様のご意向を尊重した解決方法をご提案いたします。
遠方の方や、お怪我の重い方は、まずお電話にてご相談させて頂くことも可能です。

※東京近郊にお住まいの方は、原則来所相談のみとなっておりますので、ご了承ください。

ご契約

ご契約

ご提案の結果、当事務所へご依頼いただける場合は、ご契約の手続きに入ります。
ご契約後は、ご提案した解決方法などに沿って、各種交渉などを当弁護士事務所にて行います

お問い合わせフォーム

首都東京法律事務所
最寄り駅 JR「御茶ノ水駅」徒歩6分
東京メトロ「新御茶ノ水駅」B3出口徒歩3分
都営「神保町駅」徒歩6分
都営「小川町駅」徒歩6分
定休日 土曜日 日曜日 祝日
営業時間 平日 9:00〜18:00